オリオンメガネ
     

マイスドロートーキョー 
 
2008年に誕生したマイスドロートーキョー。
名前の由来は「ねずみが塩を引く」ということわざからです。
ごくわずかな量でも積もれば大量になるという例えなのですが、コツコツやっていこうという気持ちがこめられた名前です。
デザインはsios(サイオス)という個性的で唯一無二なブランドのデザイン。
製造は五十嵐眼鏡という技術に定評のあるメーカー。
今までの常識に囚われずに生み出されたフラットなフロントデザインや、厚さ3.5mmという薄いアセテート生地

テンプルには軽量で弾力性に優れたβチタンを芯として使っています。
βチタンのカシメ蝶番は技術的にとても難度が高いのですが、それを可能にしたのは五十嵐眼鏡の技術だからこそ。
カシメ蝶番は埋め込み式の蝶番に比べてガタつきにくく、熱にも強いのが特徴です。
絶妙なデザインと生地のカラーや柄などは3.5mmのアセテート生地を使うことによって、他とは違うマイスドロートーキョーならではの眼鏡になっています。




@3.5mmの薄いフラットなフロント

 


Bボリュームがあり、
日本人の鼻に合うノーズパッド


Aβチタンで作られたテンプルを繋ぐカシメ蝶番